Publication - Kouyou Otsu's WebPage

Paper

K.Otsu, Q.Zhong, D,Keya, H.Fukuda, A.Lam, Y.Kobayashi and Y.Kuno, "Robust and Fast Heart Rate Monitoring Based on Video Analysis and Its Application," International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics(AHFE2020), Advances in Artificial Intelligence, Software and Systems Engineering, vol.1213, pp.250-257, Springer, July 2020.

大津耕陽,福島史康,高橋秀和,平原実留,福田悠人,小林貴訓,久野義徳,山崎敬一 “Affinity Live:演者と観客の一体感を増強する双方向ライブ支援システム,” 情報処理学会論文誌,vol.59(11),pp.2019-2029,November 2018.

K. Das, S. Ali, K. Otsu, H. Fukuda, A. Lam, Y. Kobayashi, Y. Kuno, "Detecting Inner Emotions from Video Based Heart Rate Sensing,”International Conference on Intelligent Computing(ICIC2017), Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics) 10363 LNAI, pp.48-57, Liverpool, UK, August 2017.

Commentary

大津耕陽,福田悠人,Antony Lam,小林貴訓,久野義徳,「映像解析に基づく頑健な心拍数計測手法」,『画像ラボ』Vol.30,No.6,pp. 20-26, 2019.

International Conference Proceedings

K. Otsu, J. Yuan, H. Fukuda, Y. Kobayashi, Y. Kuno, K.Yamazaki, "Enhancing Multimodal Interaction Between Performers and Audience Members During Live Music Performances,”the International SIGCHI Conference Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA'21),On-line, May 2021.[Late-breaking Work(Poster)](Accptance Rate: 39.0%).

W.Yanjing, K.Otsu, H.Fukuda, Y.Kobayashi and Y.Kuno, “Interest Estimation Based on Biological Information and Body Sway,” the 27th International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV2021), pp. PS2-4,On-line, February 2021.

A. Lam, K. Otsu, K. Das and Y. Kuno, “Towards Taking Pulses Over YouTube to Determine Interest in Video Content,” the 24th International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV2018), pp. O5-1, Hakodate, Japan, February 2018.

K. Otsu, H. Takahashi, H. Fukuda, Y. Kobayashi and Y. Kuno, "Enhanced Concert Experience using Multimodal Feedback from Live Performers,” the 10th International Conference on Human System Interaction (HSI2017), pp.290-294, Ulsan, Korea, July 2017.

K. Otsu, H. Fukuda, Y. Kobayashi and Y. Kuno, "Remote monitoring and communication system with a doll-like robot for the elderly,” the 42nd Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON2016), pp.5941-5946, Florence, Italy, September 2016.

Domestic Conference Proceedings

大津耕陽,泉朋子,“日用品エージェントのための擬人性を感じさせる発話デザインに関する検討,”ヒューマンインタフェースシンポジウム2021,オンライン,September 2021.

泉朋子,山村憲哉,大津耕陽,北村尊義,“他者のSNSデータに含まれる写真とテキストが思い出想起に与える効果の比較検証,”ヒューマンインタフェースシンポジウム2021,オンライン,September 2021.

大津耕陽,林勇吾,下條志厳,田村昌彦,泉朋子,“VR環境における不公平回避行動に関する分析:最終通告ゲームを用いた実験的検討,”日本認知科学会第38回大会,オンライン,September 2021.

柿本涼太,大津耕陽,福田悠人,小林貴訓,“遠隔学習の動機づけを支援するインタラクティブデバイス,”2021年電子情報通信学会総合大会,オンライン,March 2021.

王燕京,小林貴訓,久野義徳,大津耕陽,福田悠人,“マルチモーダル情報に基づくユーザの興味度推定,”2020年電子情報通信学会総合大会,オンライン,March 2020.

寺内 涼太,福島 史康,大津 耕陽,福田 悠人,小林 貴訓,久野 義徳,山崎 敬一, “一体感を増強する遠隔ライブ参加システム,” 情報処理学会 インタラクション2019,pp.308-312,東京,March 2019.

大津耕陽,D. K. Tilottoma,福田悠人,A. Lam,小林貴訓,久野義徳, “映像解析に基づく頑健・高速な心拍数計測手法,” 第24回画像センシングシンポジウム(SSII2018) ,横浜,June 2018.

福島史康,大津耕陽,福田悠人,久野義徳,平原実留,山崎敬一,小林貴訓,“演者と聴衆の一体感を増強させるインタラクティブペンライト,” 2018年電子情報通信学会総合大会,東京,March 2018.

鈴木亮太,歌田夢香,大津耕陽,細原大輔,“ ディープラーニングフレームワークの調査,”第22 回パターン計測シンポジウム,香川,November 2017.

大津耕陽,倉橋知己,D. K. Tilottoma,福田悠人,A. Lam,小林貴訓,久野義徳, “環境変化に頑健なビデオ映像による心拍数計測手法,” 第23回画像センシングシンポジウム(SSII2017) ,横浜,June 2017.(最優秀学術賞)

長嶺洋佑,大津耕陽,福田悠人,小林貴訓,久野義徳,“ 玄関での日常会話を援用した徘徊抑止システムの提案,”2017 年電子情報通信学会総合大会,名古屋,March 2017.

大津耕陽,松田成,福田悠人,小林貴訓,久野義徳,“テレビ電話と連携した人形型デバイスを用いた高齢者の遠隔見守りシステム,” 第22回画像センシングシンポジウム(SSII2016) ,pp.DS2-08,横浜,June 2016.

大津耕陽,小林貴訓,久野義徳,“対話状況の観察に基づく高齢者遠隔見守りシステム,”2016年電子情報通信学会総合大会,pp.D-22-10,福岡,March 2016.

大津耕陽,小林貴訓,久野義徳,“高齢者の状態センシングに基づく遠隔見守りシステム,”第20回パターン計測シンポジウム,滋賀 ,November 2015.

Patent

発光デバイスの動作比較方法、発光デバイスの動作比較システム (特開2020-035245)

演者動作・音声と観客動作・音声との類似度計算装置、類似度を利用した演出方法、演者と観客のペアリング方法 (特許第6531258号)

情報伝達補強システム,情報伝達補強方法,情報伝達補強プログラム (特許第6531257号)

Others

受賞歴

SSII2017 最優秀学術賞

平成30年度 埼玉大学第1回学生表彰

学位論文

2021年4月 埼玉大学 博士論文 "インタラクション主体の粒度に応じた人間情報センシングと相互交流基盤の構築"

2018年3月 埼玉大学 修士論文 "ビデオ映像からの心拍数計測手法の頑健・高速化"

2016年3月 埼玉大学 卒業論文 "対話状況の観察に基づく高齢者遠隔見守りシステム"

Link

Go to Top page.

ページのトップへ戻る